母乳が出ない理由を解決。母なるおめぐみで快適な母乳育児。

母乳育児とは、赤ちゃんにたくさんの栄養を与え免疫力を高めるなどの効果があり、またママの産後の体重管理や子宮の回復にも効果があるとされています。
赤ちゃんとママのスキンシップとしてもとても大切な母乳育児ですが、思いどおりに母乳が出てくれない、飲んでくれななどの悩みをもつママさんはとても多いです。
母乳が出ない理由とはどんなものでしょうか。
母乳育児を成功させるためには、母乳が出ない理由を理解し、母乳の質や量の改善をする必要があります。
母乳が作られるのは、ママの血液からなんです。出産による女性ホルモンの変化により母乳が作られ、赤ちゃんがおっぱいを吸うことで次々に赤ちゃんに必要な母乳が出るようになってくるのです。
母乳はホルモンの分泌と血液により排出されているということなんです。
この仕組みにあった母乳の改善方法で母乳の質と量をよくしていくことができます。
・水分をたくさんとる
赤ちゃんは毎日たくさんの母乳を飲ます。
赤ちゃんにあげるための水分と自分に必要な水分を取るためには毎日2リットルの水分をとる必要があるとされています。
毎日2リットルの水を飲むのは結構大変です。毎回の食事にスープを多めにするなどの工夫をしてみてください。
・十分な休息をとる
寝ている間にもたくさんの母乳が作られます。
母乳を作るためには十分な休息も必要となりますが、小さな赤ちゃんを育てている間はなかなか満足な睡眠をとることができません。
睡眠不足や疲れは母乳の出を悪くしてしまう原因です。
赤ちゃんがお昼寝をしているときは一緒に寝る、休日はパパに面倒をみてもらうなど、出来るだけ身体を安める時間を作るようにしましょう。
・血行を良くする
母乳が血液からできているため、血行が悪くなると母乳の出も悪くなります。
体が凝り固まっている場合は、ストレッチをしたり、いつもとは違う姿勢で母乳をあげてみましょう。
パパが赤ちゃんを見てくれるときには、一人でゆっくりとお風呂に入り、体を温めリラックスするのもとてもいい効果があります。
・バランスの良い食事をする
ママが食べるもので母乳の質は変わってきます。
甘いものや、油が多いもの、添加物が多い物、辛い物、体を冷やす食べ物の摂りすぎは母乳の質を悪くし、母乳が乳腺につまる原因にもなります。
乳腺が詰まると乳腺炎になり、熱がでたり胸が痛くなりとてもつらい思いをします。
母乳の質が悪くなると、母乳の味も悪くなり、赤ちゃんが母乳を飲まない原因にもなります。
ママが口にするものには注意をしましょう。
母乳育児中はできるだけ和食中心の食事にするといいとされています。
・搾乳して母乳の量を調節
母乳は赤ちゃんが欲しい分だけ飲ませてあげます。
母乳の出が悪いと授乳時間が長くなり乳首が切れてしまうなどのトラブルにもつながります。
乳首が痛いと授乳も辛くなるので、ミルクをあげたりしてしまうと、授乳時間が空いてしまいさらに母乳の量が減ってしまう場合もあります。
しかし、授乳が辛いときもあるので、そんなときは授乳後に自分で搾乳をして母乳を出し切りましょう。
母乳を出すことで次の母乳が作られ、母乳の量も徐々に増えていきます。
母乳の量が増えれば授乳時間も短くなっていきます。
良質でたくさんの量の母乳を作るためにはいろいろな努力が必要となるんです。
小さい赤ちゃんの子育て中は寝不足で体も心も疲れてグッタリしてしまうことも多く母乳まで出ないとなると辛いですよね。
母乳が出ない理由を解決するために、母乳が出やすくなるお茶などを活用してみるのもオススメです。
「母なるおめぐみ」は安心、安全100%無添加の母乳育児サポート飲料です。
多くのメディアにも紹介され、母乳育児で悩むたくさんのママさんが愛用している母乳育児サポート飲料なので安心して飲むことができます。
母なるおめぐみは小豆のみでつくられているお茶です。
小豆は古くから民間療法として利用され、生活習慣病や冷え性に効果があるとされています。
大豆のみで作られているためノンカフェインなので、授乳中のママさん、妊婦さん、子供でも安心して飲むことができます。
母乳が出ない理由を解決してくれる母なるおめぐみの特徴を紹介します。
・授乳中に必要な栄養素が豊富
小豆には、鉄分、亜鉛、マグネシウム、ビタミンB群が豊富に含まれています。
とくに授乳中、妊娠中に不足しがちな鉄分、赤ちゃんの成長に良いとされている葉酸も摂取することができるので授乳中のママにとても合っている食材なのです。
・豊富なポリフェノールで産後の体をケア
産後のママの体はとてもデリケートです。
紫外線や酸化から身を守るために植物が作り出すポリフェノールが小豆にもたくさん含まれているため産後のママの体をサポートしてくれます。
・身体を冷えをポカポカにしてくれる
たくさんの女性の悩みでもある冷え性。
体の冷えは血行が悪くなるので母乳の出も悪くしてしまいます。
小豆に含まれるサポニンは体のめぐりをスムーズにし体を温めてくれる効果があります。
・身体のむくみケアにも
小豆に含まれるカリウムで体のなかの塩分バランスを整えてくれます。
むくみがちな体もスッキリさせてくれます。
・豊富な食物繊維でスッキリ
小豆には豊富な食物繊維があります。
産後は生活リズムがくずれ便秘になってしまうママさんも多いのですが、食物繊維をとることで毎日スッキリすることができます。